殺処分から犬猫を救う「10人に1人の選択肢」

殺処分から犬猫を救う「10人に1人の選択肢」

「10人に1人の選択肢」は、殺処分ゼロを目指して活動する保健所犬猫応援団が掲げたキャッチフレーズです。

日本で飼育されている犬猫の数、約2,000万匹、平均寿命約15年として、年間に亡くなる犬猫数は約133万匹、この数が維持されるとすると、日本国内では、約130万匹の犬猫を新たに飼いはじめる人がいる事になります。日本の年間殺処分数13万匹弱、つまり、新たに飼いはじめる方の「10人に1人の保健所からの選択肢」が増えれば、その数を無くす事が出来ます。

※正確な数字ではありませんが、殺処分を防ぐための目標とする概算の数です。

保健所犬猫応援団

つまり、犬や猫を飼おうとしている人の10人に1人が、保健所や動物愛護センターから譲り受けることで、殺処分が無くなるということです。あくまで計算上の予測にすぎませんが、私たちの行動次第で日本の殺処分数を確実に減らすことができます。

欧米を始め多くの先進国では、犬や猫を飼う時は保健所から譲り受けることが一般的ですが、日本では未だペットショップで購入する風潮が強く根付いています。

数十万円といったお金を払って命を買うのではなく、殺処分される前に保健所から譲り受ける。そういった考えを持つ人が10人中に1人でもいることで、日本の犬猫殺処分はゼロになるでしょう。

1匹を譲り受けるともう1匹の命が助かる

犬や猫を1匹譲り受けすると、他のもう1匹の命が助かります。保健所や動物愛護センターでは収容可能な犬や猫の数は決まっていますが、収容可能であれば殺処分はしません。

つまり、1匹が家族に迎え入れられると、収容が空くのでもう1匹分の命も助かります。1回の決断で2匹の命が救われます。

犬や猫の里親になる

この記事に共感したら

4 件のコメント

  • 今現在、実家で犬猫飼ってます。猫の苦情で市の職員なのか、毎日の様に来ます。80すぎの母親を虐めるように厳しい言葉を言われてます。首輪もつけてますし、外に出しても家にもきちんと、帰ってくる猫ですが、外に出すな、家の中でも、つなげとか、色々言われて困ってます。これ以上外に出すなら保健所で連れていきます。とまで、言われてます。

    • 原田様
      以前うちにも猫がいました、お話のご近所の苦情は単に猫ぎらいじゃなくて糞尿の
      苦情かもしれません、私の友人も庭に何匹も猫が来てフンとか尿をしていくので飼い主に苦情を言おうにも分らないので大変困っていました、逆に違う友人は自分の飼い猫が近所に迷惑をかけて、苦情が来たので外に出さないようにしたと言っていました、今になるとうちの猫も放し飼いだったのでご近所に迷惑かけていたかなと思います。

    • 御察しの通り周辺住民からの通報によるものでしょう。飼い主が「うちの猫は賢くて悪さなんてしない」と思っていても、猫が嫌いな人にとっては厄介な生き物です。

      悲しいことに人間優先の世界。屋外にいる猫が何者かによって捕獲され、保健所に連れて行かれる可能性もあります。

      ですので、周辺住民すべてに猫の放し飼いを理解してもらう。これが無理なら完全室内飼いにするしかありません。多くのご家庭では完全室内飼いです。

      室内飼いであれば、猫嫌いの人に文句を言われる筋合いはありませんし、交通事故による死亡、また野良猫同士のケンカによる白血病やエイズといった感染病の予防にもつながります。

      室内飼いのほうが、猫のためにも良いという場合もあると思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です