ペットショップハックの目的

ペットショップハックの目的

ペットショップハックを立ち上げたきっかけは、日本の殺処分の実態を知り強い衝撃を受けたことです。

人間の都合で生み出され、人間の都合であっけなく消されていく命。そして、その裏にある非道なペットビジネスを無くしたいと強く思いました。

多くの人に殺処分の現状を伝えることが自分の役割

動物を保護するシェルターの建設も考えました。

ですが、まずは自分だからこそ出来る形で、殺処分ゼロに協力したい。そう思い、仕事で培ったWebサイト制作やネットマーケティングの知識を活かした動物保護活動「ペットショップハック」をスタートさせました。

ペットショップを検索する人に、今の日本の殺処分の現状を伝える。

そして、ペットショップではなく保健所や譲渡会へ行くきっかけにしてもらう。これがペットショップハックの目的です。

ペットショップハックの目的

犬や猫を飼う選択肢を広げる

スマートフォンの普及でインターネットはより身近な存在となりました。犬や猫を飼いたいと思ったら、インターネットで近くのペットショップを探す人も多いでしょう。

そこで「ペットショップ 地域名」の検索結果をペットショップハックは「Hack(ぶった切り)」して、これから犬や猫を飼おうとしている人々に、殺処分の実態や劣悪なペットビジネスの裏側を伝えていきます。

日本の殺処分の現実を知った上で、本当にペットショップで飼うべきなのかを、今一度、考えてもらえるきっかけを作っていきます。

日本の殺処分がゼロになったらサイト閉鎖

殺処分をゼロにすることは簡単ではありません。ペット業者も生活がかかっています。しかし、絶対に実現可能なことです。絶対に諦めません。

ですので、日本の殺処分がゼロになるまで、ペットショップハックは運営を続けます。殺処分がゼロになったらサイト閉鎖です。

それまでは絶対に諦めず、私の人生を懸けて活動を続けていきますので、温かい目で見守っていただければ幸いです。

この記事に共感したら

2 件のコメント

  • とても共感しました。素晴らしい活動をされていると思います。私のFacebookにてシェアさせていただきました。応援しています。

    • ありがとうございます。皆さんのシェアがペットショップハックという活動の原動力となり、後押しになります。

  • 一倉莉菜 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です